水のトラブルで多いトイレが詰まった状況

水のトラブルの中にはいろいろなものがあります。中でもトイレが詰まる状況は考えていかなければいけません。詰まったところによって違いがありますが、排水管で詰まれば、設備自体を使うことができなくなってしまいます。
根本的に大きな問題になってしまうことも出てくるため、日常からメンテナンスを考えておくとともに、異常があったときには迅速に修理できる体制を考えておく必要があります。

■水のトラブルで多発するトイレの詰まり

水のトラブルとして、トイレが詰まってしまうというのは大きな問題です。緊急対応の企業の調べでは、一番相談が多いのはトイレのトラブルといわれています。トイレが詰まってしまったときには、そのままあふれてしまうようなことも考えられる事態です。そうなると、被害はどんどんと広がっていくことになります。
解決方法として、簡単な方法は、洗剤とお湯を組み合わせておこなっていく方法がすぐにできます。お湯に溶けやすいものが詰まったときに使える方法ですが、洗剤を便器に入れてお湯を注ぐだけの簡単なやり方です。この時に高さを取って注ぎ入れるだけで解決できることもあります。温度は高温になると便器自体を傷めてしまうことが出てくるため、50度までにしておくのがポイントです。

■ラバーカップでおしながす

詰まりを解消させるラバーカップを使う方法はよく使われる方法でしょう。これが一番として思い浮かべる人も多いはずですが、ゴムでできた先端の部分がポイントになってきます。押し込むことでゴムのもつ反発力を使っていき、水流で押し流すのが特徴です。水が飛び散ると汚してしまうため、便器の周囲にビニールを敷いておくといいでしょう。排水口の部分にラバーカップをぴったりと貼り付けてから押し込みます。そのまま反発力も利用して引き抜くと詰まったものを引き戻すことが可能です。
これを数回繰り返していると、やがて一気に流れていくようになります。分解できないような固形物があると効果はないため、そういったときには、修理ができるところに依頼して異物を取り除くしかありません。

■まとめ
トイレの詰まりは、深刻な状況であることに間違いはありません。携帯電話などを落としてしまったときは、物理的に取り除くしかできませんが、流してもいい水で分解できる素材であれば自分で直すことも可能です。
異物は落とさないようにすることが重要ですので、普段から気をつけていくことが対策です。なにがつまっているのかわからないときは、自分で決めずに対応できるところに依頼することも頭に入れておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ