蛇口の水が止まらない水のトラブル

生活の中で考えれば、常に水のトラブルが起きる可能性があります。どんな家庭でも起きる可能性のある水のトラブルとして考えれば、蛇口の水が止まらないことはあり得る状況です。水が止まらない状況になれば、日常生活を通常通り行なえないという問題が生まれてきます。
無駄な水道代をかけないためにも修理をする必要があります。基本的な構造を知ることができれば、自分で修理もすることができる可能性が出てくるため、蛇口 交換を考えてみてもいいでしょう。

■基本的な構造となるツーレバー水栓

蛇口の種類はいくつかありますが、基本的な構造をしており、一般的に使われてきたのがツーレバー水栓です。構造的にも基本であり、そこまで難しいものではありません。水と湯のハンドルに分かれているところを見ると、普段から見かけていると感じるはずですが、この構造はわかりやすいものです。ハンドルを外してビスを取れば、内部の構造がはっきりとしてきます。
すべて縦に並んでいるため、順番に外していけば解体することが可能です。そのまま消耗したパッキンやコマを交換すれば、基本的に水が止まらない状況を改善することができるでしょう。ただし、固着していることがあるため、外しにくい場合があることに注意が必要です。マイナスドライバーなどを用意しておけば、簡単に取り外すことができるでしょう。

■マンションなどで見かけるワンレバー混合水栓

消耗品として考えた場合、内部に取り付けてあるカートリッジを交換するのがワンレバー混合栓です。マンションなどで見かけるようになりましたが、特徴としてレバーが1本ということが挙げられます。交換する方法は、上から順番に外していくことになりますが、化粧ナット、リング、バルブカートリッジの順であることを理解しておく必要があります。
このカートリッジに対して抑えの部分があるため、外すことで交換が可能です。構造的にも一度解体すれば覚えられる範囲ですが、どうしてもわかりにくい時には専門業者を依頼して蛇口 交換をしてもらった方が安全です。蛇口も失敗すると壊してしまうこともあります。そうなってからでは更に出費がかさむため、判断は早い方がいいでしょう。

■まとめ
簡単なように見えますが、誰でもできるというわけではありません。工具も必要ですし、解体後に部品の購入もすることになるでしょう。
実際の部品を見て購入先が出てくればいいものの、どこで探せばいいのか困ることもあります。構造的な知識も経験しなければわからないところもあるため、自信がない時には無理をせずに修理を依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ